fotomusikvol2

ライブ・フォトグラファー月夜野ヒズミ氏によるCDジャケットサイズ写真集付きCD「FOTO MUSIK」販売中。

▼発売記念ライブの様子はこちら FBページ ヨルノヒズミ vol.1●2015年11月02日/四谷Outbreak!

今日、というか日付は昨日になりますが、昼ごろから体調が悪くなり、19:00ごろまで寝ていました。そこで長い夢を見て、記憶も鮮明だったので、ツイッターに連続投稿しました。 読み返してみても、ここしばらくの出来事や悩みや願望がてんこ盛りで、また、自分にも意味のわからないところもあるので、以下にまとめて掲載します。 俺がつくっていたいくつかの曲を、漫画みたいな大組織が勝手に使い、そこが育てていたユニット
昨年末、11月21日に東京ドームでポール・マッカートニー公演を観た後に、これにまつわって書いたツイートをまとめておきまして、いつかまとまったテキストにしようかと思っていたのですが、今日テレビ放送されていたそうで、ざっと読みなおしてみたらこれはこれで面白かったので、このまま紹介します。 水道橋に到着、水道橋の顔面偏差値を上げたハンサムは私だ。さて、ポールの当日券は買えるのか? ポール・マッカートニー
ご無沙汰しております、テクマ!です。 先日、某ホテルで昼間に行われた、20才前後が70人ぐらい、20~30才あたりが40人ぐらい、30才以上、40才以上、50才以上、60才以上、が10人ぐらいずつ出席するパーティーの会場で流すBGMの選曲をしました。 「聴いたことはあるけど何て曲かわからない」ぐらいの洋楽曲を、はじめはうるさすぎず、でもたまに耳にひっかかるぐらいに盛り上げていって、フックになる
昨日の2013年9月28日、サニーディサービスに始まりアポロチーム、THEラブ人間、クウチュウ戦、テツコ、やらを手掛けてきた敏腕ディレクター、渡邊さんの運転する車に同乗させてもらい、早朝集合で東名をぶっとばし、京都でライヴをしてきました。 渡邊さんとはあちらこちらで会う度に、ロックから歌謡曲に至るまで、あれこれ話が尽きないので、その日のイベントはテツコ主催ということもありますし、テツコが知ってそう
先日の、私による洋楽の邦題についての講義を聞いていた人から、 デヴィッド・ボウイに興味があり、カラオケのレパートリーも増やしたい、 という言葉を頂いたので、さくっとプレイリストを作りCDを焼いてあげたのですが、 自分でも聴いてみたらなかなか良い出来だったので、紹介しようかと思います。 01 Ziggy Stardust/Ziggy Stardust/1972 02 Starman/Zig
紳士淑女の皆様、ヴログではごぶさたしております、テクマ!です。 先日、ひょんなことから、いわゆる音楽愛好家では無い、19才から72才までの老若男女に、英語にまつわるお話をする機会がありましたので、その際に作ったレジュメと、そこでの私の解説を、できる限り思い出しながら以下に載せますので、お楽しみいただければ、と思います。 -レジュメ、こここから- いわゆる洋楽のアルバム名や曲名では、日本での販売を促
ヴログではご無沙汰しております、テクマ!です。 あるとき、ふと、現存するピンク・フロイドのメンバーが集まってピンク・フロイドとしてのライヴをやるならばこういうセットリストがいいのではないだろうか、というアイデアが浮かび、その通りにプレイリストを組んで聴いてみたら、想像以上に良いものだったので、紹介致します。「/」の前が曲名、後が収録アルバムで、アルバム名にはiTunesでのそのアルバムへのリンクが
紳士淑女の皆様こんにちは、テクマ!です。 一昨年の大晦日からPink Floydにハマり、昨年の4月に私の作成したプレイリストを公開したのですが、日々改良してきていますので、現在のものをここで紹介しようと思います。 01 Learning To Fly 02 The Happiest Days Of Our Lives 03 Another Brick In The Wall (Part 2) 0
*この原稿は、2012年10月17日にdiskunion下北沢店にて開催した、ベスト盤『CDでベスト盤を出すハンサムは私だ。』発売記念トークショー「ベスト盤は名盤になれるのか?」の際にレジュメとして配布したものに、リンクを追加したものです。 会場:diskunion下北沢店 開演:21:00  下北沢diskunionにお集りの皆様こんにちは、先日16年のキャリアを集大成したベスト盤『CDでベスト
紳士淑女の皆様こんにちは、テクマ!です。 年末に、以前から所有していたPink Floydのライヴ映画『Live at Pompeii』を見直して以来、『Echoes』という曲を毎日聴いています。 そして、Pink Floydを一気に買いそろえて聴きまくる日々が続いています。 Pink Floydはほとんどのアルバムがコンセプトアルバムで、ベスト盤なんてものに最も不向きだと思っていたのですが、過
紳士淑女の皆様こんばんは、久しぶりのヴログです。 好きな人たちだけが集まった打ち上げが延々と続いている状態、を楽しめるツイッター(@techma_japan)が楽しくて、ぜんぜんヴログ書かなくなってしまったのですが、最近ふつふつと長文で書きたいことを思いついたりもしたので、これからはちょこちょこと書こうかな、と思っています。 で、今日書こうと思ったキッカケは、これまたツイッターになるのですが、僕が
ヴログをすっかりご無沙汰しておりました、テクマ!です。 今日は、先日のワンマンライヴで提供した皿うどんがとても好評だったので、どうしてこれがワンマンライヴ会場で皆様に届けられることになったのか、を時系列主観的脳活動の視点から書いてみようと思います。 まず、やはり発端はサラウンドワンマンライヴです。 今年は4本のワンマンライヴをやろうと決め、その3本目の会場として私が決めたのが、渋谷屋根裏でした。
3/18のワンマンライヴ、テクマ楽団!の出演も中止にさせていただきます。 同時に、パリから姉のテクエ!が緊急来日してくれることが決定しましたので、こちらもご報告いたします。